1. >
  2. >
  3. プライベートの問題

プライベートの問題

最低限のプライバシーの確保は可能

シェアハウスに入居するという時にはプライベートの時間が確保できるのかというのが気になるところでしょう。
プライベートに関する質問としてはプライベートが無くならないのかとか、プライバシーをどう確保していくのかとか、他の入居者に気を使いながら生活していかないといけないのかとかが考えられます。
 
入居者全員が四六時中シェアハウスに居るというのはほとんどないでしょうから、入居者によって出る時間や帰宅時間というのは全く違ってきます。
人によって全然生活のリズムが違ってくるということもありますね。
そのため、シェアハウスに居ない時間というのもありうることです。
 
シェアハウスは自分の部屋以外のところでいうとリビングやキッチン、玄関、洗面所、トイレ、風呂などは他人と共用する部分になります。
シェアハウスで自分一人の世界を大切にしたいのであれば、玄関からまっすぐ自分の部屋に直行すればいいわけです。
自分の部屋に直行すれば人と合わなくても済みますし、自分の部屋ぐらいは完全に自分のプライベートは確保されます。
 

自分がシェアハウスに向いているかをしっかり考えよう

シェアハウスによってはすべての部屋がリビングやキッチンを通る必要があるような物件もあります。
こういう間取りの場合は入居者同士の交流を求めたいというような人にとっては向いているわけですが、リビングやキッチンに人がいた場合には気まずい思いをするので、自分のプライバシーを大切にしたいというような人にはあまり向いていないかもしれないです。
 
プライベートな時間がどれだけ確保できるのかというのは、やはりシェアハウスや実際に入居している人次第のところはあります。
入居している人のマナーが悪いということになると自分の部屋にいたとしてもプライベートな時間が無いなと感じるかもしれないです。
自分の部屋に居るとき以外はやはり他の入居者に気を使うところも当然ありますので、すべてにおいてプライベートな空間があるわけではないということに注意したほうがいいでしょう。
 
シェアハウスのほうが家賃相場や安いからと言って安易にシェアハウスに飛びつくのはやめておいたほうがいいです。
自分の世界を大切にしたいというタイプやプライベートを他人に干渉されたくないタイプについてはあまりシェアハウスには向かないかもしれないです。
シェアハウスに入居するという場合には自分一人だけではないので、他の人に対して配慮ができるような人でなければシェアハウスが居心地のいい空間にはならないのではないでしょうか。