就活ハウス

地方の学生にとっては東京を拠点にして就職活動をするというような場面が当然あります。
その際の拠点としては親戚の家やビジネスホテル、ウィークリーマンションなんかが考えられますが、最近ではシェアハウスを拠点にするというようなケースも出てきています。
 

就活ハウスのメリット

特に就活ハウスのように就職活動というテーマに絞ったシェアハウスであれば何かと心強いのではないでしょうか。
こういうシェアハウスのメリットの一つは、入居者は同じように就職活動をしている住人になりますので今日の出来事などを話しながら意見やアドバイスを求めることができます。
入居者を利用して自己分析や他己分析ができるというのは有意義ではないでしょうか。
 
住人の中で同じ業界や企業が重なった時には情報の共有において有意義な場になるでしょう。
いつでもどこでも仲間と情報の共有ができるので時間を有効活用できます。
 
メリットの二つ目としては就活支援団体の協力が得られるということもあり、エントリーシートの添削や模擬面接、筆記試験・適性検査対策などのサポートが受けられるということがあります。
場合によっては自分が志望している先輩を呼んで話を聞く機会もあり業界研究にも役に立ちますね。
実際に就活支援団体の協力がどのくらい受けられるのかというのがポイントになってきます。
 
メリットの三つ目としてはビジネスホテルやウィークリーマンションに比べると安価に泊まれることが多いということです。
あらかじめデポジットを取られることはありますが、利用した時に過度の破損などが無ければ返却されますので、返却される条件などを確認しておくといいでしょう。
 

デメリットのある

しかしながら、注意しておいたほうがいいこともあります。
一人一人の就職活動のペースが違っていてもいいわけですが、時には入居者の内々定の報告などが出てくると自分が内々定をもらっていない時には焦りにつながってくることがあるのです。
先に内々定をもらった人が悪いというわけではないのですが、それについて劣等感を感じてしまったり余計なプレッシャーを感じてしまうことになってしまいます。
 
そのことで自分のペースを乱されてしまうとかえって就職活動にマイナスになってしまうことがあります。
東京など首都圏に拠点がある企業に就職したいという場合には地方の学生にとっては交通費と滞在費にとてもハンデを感じてしまうところに、こういう就職活動をテーマにしたシェアハウスがあると心強いのではないでしょうか。