1. >
  2. >
  3. シングルマザーシェアハウス

シングルマザーシェアハウス

増えるシングルマザーと収入を含めた現実問題

シングルマザーの人口は、年々増加してきているといっていいでしょう。
子供ができたからといって結婚ということに縛られることなく、自立した生活を考える人も増えてきています。
離婚ということを選択した結果、シングルマザーとして生活することを考える人も多くなってきているからです。
 
何も選択した結果、シングルマザーとなるとは限りません。
死別といった、選択したくはない状況となり、やむを得ずなることだってあるのです。
しかし、それでも子供と共に生きていかなければなりません。
 
日本の習慣からいけば、シングルマザーは依然として受け入れられているとは言いたいでしょう。
女性の社会進出が進んでいる世の中ではありますが、まだまだ収入は厳しく、受け入れてもらえる環境は限定されてしまいます。
 
男性並みの収入を得ようとした場合、シングルマザーを含めた女性がもらえる環境にないのは事実です。
世帯の平均収入と比べた場合、シングルマザーの収入はその額の4割を切るともいわれています。
これだけを見ても、決して社会的にも受け入れられているとは言えない状況といえるでしょう。
 

シングルマザー用シェアハウスの利点

そんな状況の中で、シングルマザー用のシェアハウスも増えてきています。
共同生活をしていくことで、家賃を抑えていくことができるようになり、負担を軽減することができます。
これだけでも就労負担を軽減することができるようになり、自分自身の体だけではなく、子供たちに掛ける負担も下げることができるようになるのです。
 
シングルマザー用のシェアハウスということで、お互い環境や境遇は似た人が集まります。
お互いの苦労も手に取るようにわかるようになるため、ほんの少しずつでも助け合えるようになるのです。
たった少しのことでも、シングルマザーとして生きていく状況を考えれば格段に違う状況になるでしょう。
 

子供たちにとっても大家族の中にいるかのような環境に

子供たちにとっても、一人ぼっちで過ごす環境ではなくなります。
常に人がいて、遊びを覚えることもできますし、いろいろなことを学び取っていくこともできるようになるでしょう。
まるで大家族の中にいるような状況になるため、子供たちにとっていい影響をたくさん受けることができるようになるのです。
 
こういた環境は、母親自身の時間を作ることにもつながっていきます。
仕事に追われ、育児に追われ、お金に追われた生活を続けていけば、子供にとっても悪い影響を与えていってしまいます。
 
大きな余裕はなくても、小さな余裕を持つことができなければ、様々な問題を引き起こしてしまうだけになってしまうのです。
そのためにも、自分の時間を作るということは、精神安定のためにもなくてはならないものだといえるでしょう。
 
生活に苦しさや行き詰まりを感じたときには、シングルマザー用のシェアハウスを考えてみてもいいでしょう
シェアハウスがなんでも解決してくれるわけではありませんが、糸口になることは間違いないことだからです。