1. >
  2. >
  3. 幅広い世代の人と交流ができる

幅広い世代の人と交流ができる

最近の一人暮らしのスタイルは本当に多岐にわたっています。

私たちは各自それぞれの趣味や趣向によって、さまざまな居住スタイルの中から選択する事が出来るのです。

なんと言っても今脚光を浴びているのはシェアハウスではないでしょうか。

とにかくこれまでの居住スタイルとは全く異なっていて、とても便利で快適ですのでこれから一人暮らしを始める方にとって、オススメしたい生活スタイルと言えます。

 

助け合って生活できる

一般的なワンルームの部屋ですとお隣さんがどんな人なのか全く分かりません。

ですので、何かあっても相談もできませんし頼む事も出来ません。

一つの建物に数多くの部屋があっても居住者間の関係は、とても希薄で横のつながりや連帯感もなくて、すべて個人で解決をして行かなければならずに不便です。

しかしながらシェアハウスであれば自然と連帯感がわきますし、お互いに助け合って生活して行く事が自然です。

 

層の厚い人間関係が築ける

自分とは趣味や趣向等も異なる人種が同じ屋根の下で暮らして行きますし、年齢層も様々ですので世代を超えて刺激を受ける事も出来ます。

もちろんワンルームマンションにも様々な世代の方が住んでいますが、ただ住んでいるだけでほとんど交流はないので、折角いろいろな人達が住んでいても大きなメリットは感じないでしょう。

むしろ学生が住んでいるような所は学生が多いですし、社会人が住んでいるような所は社会人が多くて、画一化しているのがワンルームマンションなどのデメリットです。

一方でシェアハウスの場合には毎日顔を合わせますし、お互いに助け合って生きて行かなければ生活が成り立たないので、自ずと団体生活のメリットを享受出来て生活が充実します。

特に異なった価値観を有する人間同士が交流する事は、人間の厚みが増すのでとてもメリットが大きいです。

特に同じシェアハウスにはありとあらゆる生活が暮らすので、若い方にとっては自分よりも人生経験を積んだ方からの刺激を受けるでしょうし、世代が上の方にとっては若い世代の方と交流する事によって、同世代にはないフレッシュな刺激を受ける事が出来るので、やはりメリットが大と言えるでしょう。

時には意見等が異なる事も生じる事でしょうが、お互いに膝を突き合わせて論議をする事によって、理解し合う事も出来てより人としての厚みが増す事は言うまでもありません。

同世代では得る事の出来ない知識や経験も得る事が出来るので、人間性を豊かにするためにも、シェアハウスはとてもメリットのある居住スタイルと言えます。