1. >
  2. >
  3. 国際交流も可能??

国際交流も可能??

 

外国では当たり前のシェアハウス

シェアハウスを利用すれば国際交流をすることも可能であることを知っていますか?
シェアハウスのルーツは、もともと外国人が好んで利用していた「ゲストハウス」という
共同生活の場です。そのため、ゲストハウスがシェアハウスと名前を変えて運営されている今でも、
外国人はシェアハウスを好んで利用するという傾向があります。

もともと諸外国ではシェアハウスという住居形態は非常にポピュラーなものであって、
若い人たちには当たり前のように受け入れられている習慣です。
むしろ日本でのシェアハウスの普及は他の国々よりも一歩も二歩も後れているといっても
よいでしょう。シェアハウス後進国ともいえる日本でも、ここ数年やっとシェアハウスの認知度が
上がってきて、入居者が徐々に増えてきています。

シェアハウスを利用することに違和感や抵抗を感じない外国人は、
家賃も安く、保証人も必要としないシェアハウスを利用することが多いのです。
特に外国人にとって保証人や敷金礼金を必要とする日本の賃貸住宅事情は理解しがたいもので
あるそうです。それよりももっとスマートに生活できるシェアハウスのほうが
なじみのあるスタイルなのでしょう。

 

異文化交流を求めてシェアハウスに住む人も

最近では、外国人と日本人の交流を目的としたシェアハウスもどんどん増えてきています。
そういったシェアハウスでは一定以上の外国人の入居者を募集しているため、
そこには必ず外国人た住んでいます。異文化交流を行いたい、
外国語を覚えたいという方にとっては、非常に有効なのがこのタイプのシェアハウスです。
特に少人数制のシェアハウスを利用すれば、日本人と外国人の親密度が増し、
語学の上達や意思の疎通が早くできるようになると考えられています。
最近では、そういった異文化交流をすることを目的にしてシェアハウスに申し込む若い日本人が
増えてきています。企業も、生活も国際化していっている現在の日本で、異なった文化、
考え方、言語を理解することは非常に大切なことであるといえるでしょう。
将来にかけて人の移動が活発化され、国際的な国境があやふやになってくるという予想を
出している人もいるくらいです。そういった社会の到来に備えて、
今から異文化交流をしておくことは決してマイナスにならないはずです。

もちろん、外国人と日本人の交流を目的としたシェアハウス以外にも外国人の利用者は
たくさんいます。外国の方と暮らしているとさまざまなカルチャーショックを受けるようになります。
そのようなカルチャーショックを相互に理解し、お互いの文化を尊重しあうことで
多様性を認めることができる懐の深い人間になることができるでしょう。
単純に、知らないことを知ることができるという知的好奇心を満たすことで
楽しさを感じることだってできます。

手軽に異文化交流をしたいのであれば、英会話などの語学スクールを利用するよりも、
生活に密着して異文化交流ができるシェアハウスを利用してみるのもよいかもしれません。