1. >
  2. >
  3. 収納スペースについて

収納スペースについて

シェアハウスは収納スペースが少ない

シェアハウスの収納だとワンルームにある荷物が入らない、などと収納に関しては少ないという声が多いです。

確かに、アパートのワンルームや1Kと比べると、収納スペースは少ないと感じでしょう。
ワンルームと同じか、それ以上の収納スペースを持っている物件もありますが、まだまだそのような物件は少ないです。
しかし、今後はシェアハウスも造りが改善されて、収納スペースが多い物件が多くなってくるでしょう。

シェアハウスを収納を確認するとき、いくつかのポイントを抑えると良いです。

収納の確認ポイント

・シューズBOX
これは意外に盲点であり、重要な部分です。
当然玄関も共有して使うので、シューズBOXが小さいと、置けない靴は自分の部屋にもって行かなければなりません。
少なくとも、2足以上は住人分置けるスペースはあった方が良いです。

・キッチン収納
出来れば一人一人の専用スペースが欲しいですが、コンロなど数人が一緒に調理できるぐらいのスペースはあった方が良いです。
また調味料を入れたりする入れ物や、鍋やヤカンなども置けるか確認しましょう。

・ランドリー収納
シャンプー、トリートメント、洗顔フォームなどを収納するスペースです。
この収納が狭いと、洗面スペースがもので溢れます。
誰が使っているのかわからないと言うことも起こるので、専用のカゴだけでも一人一つはあった方が良いでしょう。

・共用の収納スペース
こちらも必須であり、掃除機やアイロンなどをしまうスペースです。
これがないと、掃除用具などは出しっぱなしになります。

・個室の収納
この個室の収納は、シェアハウスに住むなら最も大切かもしれません。
クローゼットが付いている部屋もあれば、パイプハンガーだけの部屋もあります。
ベッド下収納やロフトがある物件もあり、これはその物件を見ないと、どれぐらい収納できるかわかりません。

・ストレージルーム
ストレージルームのある物件もあります。
ここには、スノーボードやゴルフバックなど大型の荷物を置くことが出来ます。
通常は使用せず時々使用するものは、部屋に置くよりストレージルームに置く方が良いです。
また部屋に置くと邪魔になる大きな荷物も置いておくと良いです。

収納スペースを作る

シェアハウスの部屋の収納には限りがあり、思うように収納出来ずに困る人もいるでしょうが、勝手に部屋に釘を打って棚を作ることは、シェアハウスでは禁止されています。

その場合は、自分の部屋に収納を作ります。
両側から出し入れできるオープンラックを利用すれると、収納できる上にオシャレに見えます。
他にも個室に設置できる収納として、カラーボックスがあります。
そのまま床においても収納スペースになりますが、縦に配置すると本棚などとしても使えて便利です。
洋服をしまうならば、つっかえ棒を部屋に使うと、ハンガーをかけられるような部分になります。