1. >
  2. >
  3. ハロウィンパーティーをする

ハロウィンパーティーをする

秋のイベントとして定番のハロウィン

10月31日に行われる秋のイベントとして定着しているのがハロウィンです。
日本では最近になって盛り上がりを見せるようになったイベントですが、海外では昔からごく一般的に行われている行事です。
ぜひシェアハウスのルームメイトと一緒にハロウィンパーティーをして楽しんでみてはいかがでしょうか。

ハロウィンの由来について

日本でハロウィンといえば仮装をして楽しむイベントというイメージが定着しており、本来の意味を知らない方も多いようです。
ハロウィンは紀元前5世紀にケルト人がしていた祝祭が元になっていて、ケルト人の間では11月1日に暦が変わって新しい年になっていたことから、10月31日が年の変わり目にあたっていました。
この時に農作物などの収穫を祝い、ご先祖の霊に便乗してやってくる悪魔や魔女をお祓いしていました。
昔から存在していた祝祭が現在の形になったのが19世紀後半からで、移民がアメリカにやって来た時に子供達が怖がる様子を見せたことから、子供でも楽しめる行事として現在の形になったと言われています。

ハロウィンパーティーの飾り付け

ハロウィンを仮装だけでなく、ホームパーティーで楽しむ際には飾り付けにも凝ってみましょう。
カボチャをくりぬいて作るジャックオーランタンを実際に作ってみるのもおすすめですが、なかなか大きなカボチャが手に入らないという場合には折り紙や色画用紙などでジャックオーランタンの顔に切り抜いたものを飾り付けても良いでしょう。
市販でも飾り付けに最適なグッズがありますので、予算があれば買い揃えておくと良いでしょう。
他にもお化けやゾンビなどハロウィンっぽさを演出する飾り付けを用意しておくと雰囲気が出てきます。

ハロウィンメイク

ハロウィン気分を盛り上げるためにも仮装をしてパーティーに参加するのも良いでしょう。
本格的な仮装をするならハロウィン仕様のメイクを実践してみましょう。

例えば痛々しい傷が入っているメイクは難しそうに感じられますが、5分もあれば簡単に仕上げることができます。
まずは傷を付けたい部分につけまつ毛に使うグルーを綿棒で伸ばしてから傷の形に合わせてティッシュをちぎって貼り付けます。
その上からファンデをポンポンと叩くように乗せて肌との境目をぼかし、傷の周りに紫などのアイシャドウをムラが出るように乗せます。
傷の部分にはティッシュでこよりを作ってグルーでくっつけ、バラエティショップなどで売っている血のりを伸ばすと完成です。

ごちそうメニュー

ハロウィンではカボチャをメインにしたごちそうを用意してパーティーメニューにしてください。
チキンライスやナポリタンなどカボチャの色味に近いメニューを用意するのもおすすめです。