1. >
  2. >
  3. 高級シェアハウス

高級シェアハウス

シェアハウスの定義を覆す高級感

シェアハウスというと、一つの建物の中を共同で住居するとすることにより、家賃など住宅にかかる費用を抑えるということが一つあります。
共有できる部分を増やすことで、貸す側は居住スペースを多く裂くことができるようになり、家賃を下げても利率が高くなるメリットがあります。
住む側としても、孤独で住むこともなく、それでいてプライベートな空間も利用できるのですから、メリットはかなりのものとなるでしょう。
 
しかし、そういった既存のシェアハウスではなく、もっと上質な空間を持つ物件も出てきているのです。
それが、高級シェアハウスと呼ばれるようなものになります。
 
元は寮であったり、古いアパートやマンションを利用したりしているものが多いシェアハウスですが、高級シェアハウスの場合は専用物件として建てられたものがほとんどです。
セキュリティも最新のものを用意し、オートロックなども設置することで、安全面にも高く配慮されています。
 
マンション管理会社も入り、各設備に関しても管理されているものがほとんどです。
警備会社が常駐するような物件すらあるのです。
そのため、女性が利用するにあたっても、安全に生活することができます。
シェアハウスというよりも、大きな許有スペースの付いた高級マンションであるというほうが近いものといえるでしょう。
 

高級ホテル顔負けの設備と快適性

共有設備に関しても、今までのシェアハウスとは一線を画すものがほとんどです。
巨大なキッチンスペースがあったりすることはもちろん、バルコニーがあったり、シアタールームまで完備されているところもあります。
 
フィットネススペースはもちろんのこと、カフェ専用のスペースがあったりすることもあるのです。
防音ということで、好きな楽器を弾いたり、音楽を聴いたりすることができる音楽室のような設備もついていることがあります。
ここまでつくと、高級マンションを飛び越え、高級ホテル顔負けの設備といってもいいでしょう。
 
共有スペースといえば、通常は住人同士で掃除したりしながら管理していくものです。
これが煩わしいと思う人には、高級シェアハウスの中でも掃除や管理が付いているものを選ぶといいでしょう。
ごみに至るまで、すべて任すことができますので、ホテル暮らしとさほど変わらない快適性を得ることもできるのです。
 

家賃はそこまで高くない

シェアハウスという概念からは少し出てしまうものであると感じるかもしれません。
それでも一人暮らしとは違いますし、ホテル住まいのようにいつも宿泊している人が変わるわけではありませんので、人間関係も作っていくことができるのです。
 
高級シェアハウスは、そこまで多くの物件があるわけではありません。
実際に家賃ということを考えると、立地によっては10万円程度で抑えることもできたりします。
ちょっと見方を変えるだけで、これだけの高級設備の中で暮らすことができるのであれば、安いと思えるものもいっぱいあるのです。