1. >
  2. >
  3. ソーシャルアパートメント

ソーシャルアパートメント

ソーシャルアパートメントとは

皆様の中にはシェアハウスという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、ソーシャルアパートメントという言葉は聞いたことが無い人もいるのではないでしょうか。
ソーシャルアパートメントというのは簡単に言えばワンルームマンションとシェアハウスのいいとこ取りをした物件ということです。
通常のワンルームマンションに豪華な共同スペースがついているような物件です。
 
共同スペースにあるものは大規模なキッチンやシアタールーム、トレーニング施設など物件によってさまざまになりますが、個人では揃えられないようなものが設置されていることが多いですね。
ワンルームマンションと違って共同スペースに人と人との触れ合いの場があるというのが特徴的です。
 
ソーシャルアパートメントのコンセプトというのは、あくまでワンルームマンションにプラスしてシェアハウスのような入居者同士の触れ合いのための空間があるという風に理解してもらっていいでしょう。
シェアハウスであれば自分が使用する部屋以外のリビングやキッチン、水回り(洗面所や浴場、トイレ)などは共同スペースということで入居者同士で譲り合うような場面も出てくるわけです。
ですが、ソーシャルアパートメントであればキッチンや水回りなどは自分の部屋に完備されていますので自分のプライバシーを守りながら自分の空間を確保することができます。
 

シェアハウスとの違い

それではソーシャルアパートメントとシェアハウスの比較をしていきます。
費用面の比較をすると前者の場合は賃貸マンションやアパートと同様の賃料が必要になるのに対して、後者の場合は一般的な賃料に比べると生活費を抑えることができるのです。
 
建物面の比較をすると前者の場合は大規模な建物が多くなるということで入居者の中には全然知らないというような人も中に入ります。
これに対して、後者の場合は建物自体が小さいということがありますので一緒の家に住んでいるというような感覚を得ることができます。
 
契約期間の比較をすると前者の場合は賃貸マンションやアパートのように1年以上といったような長期的な契約になることが多いのに対して、後者の場合は1か月以上からの契約を結ぶことができるために気軽に住むということができるのです。 
以上のように、ソーシャルアパートメントとシェアハウスはそれぞれにメリットやデメリットがあります。
共同生活に興味があるという場合には入居者同士のつながりが強いシェアハウスのほうがいいでしょう。
自分のプライベートを確保しつつ入居者同士の触れ合いも求めたいのであればソーシャルアパートメントのほうがいいでしょう。